節税を法人税でもできるのか

会社などを運営しているとその単位に応じて、税金が課税されることになります。
特に会社などの法人に関して税金がかかってきますが、この会社などの法人に課せられる税金のことを法人税と言います。

この法人税ですが、社団法人や宗教法人、学校法人などに関しては非課税となっています。
それ以外の一般的な事業法人に関してはこの税金の課税対象になってきます。
この法人税ですが、会社の経営が黒字であっても赤字であっても同じ税率で計算された額を支払う必要があります。

ですから、節税対策を取って、なんとか税金を節制する必要があります。
ここで、簡単に行うことができる節税の方法をご紹介します。
まずは、従業員への決算賞与です。

従業員への賞与というものは、経費で落とすことができます。
ということで、税金になるぐらいなら頑張ってくれている社員に還元したほうがということになります。
一般的に法人税は、法人が得た利益の中から経費などを差し引いたものが課税対象になってきます。
他にも自動車などの買い物をするという節税の方法があります。
これは、資産に計上されるものを購入して減価償却費を発生させることで損金を作って節税をします。
これによって、法人税の節税ができるだけでなく実際にものを購入することになりますので、そういった喜びを得ることもできます。

このように法人税は、合法的に効率よく損金などの経費を発生させることで節税対策を行うことができます。会社の経営者の方は少しお考えになってみてはいかがでしょうか。