法人税の減税とは一体?

日本というのは、法人税が非常に高い国になります。
この法人税とは、会社などの法人が支払う税金のことを言います。
法人と言っても学校法人や宗教法人などは非課税となっています。
そんな日本ですが、法人税の減税などについてたびたび議論されていますが、どういったメリットがあるのでしょうか。

まず、日本が高額であるということですが、だからと言って他国が安いから企業は他国に移るということはまず考えられません。
これは、他国では社会保険料などの負担が大きいためにいくら法人税が安いといってもあまりメリットが無いからです。

そして、法人税の減税によって他の税率を引き上げる必要性に迫られることになります。
やはり税収というものは、一定の金額が必要になってきます。
そのため、消費税などを引き上げることで、その減税分を補う必要があるのです。
ですからトータル的に考えてみれば、法人税の減税というのはあまりメリットがないように思われています。

しかし、一時的にも減税されることで助かるという企業などの法人もたくさんあるのは事実です。
そういった企業などにとっては、減税はやはり歓迎されることでしょうし、減税によって様々なメリットが生まれるのは確かです。

企業に関しては、メリットがあるかも知れませんが、もしそれで消費税の増税などにつながると今度は一般の消費者である私たちにデメリットであることも起こるでしょう。
減税については、これからも議論されることではないでしょうか。